復縁の確率を高めるために必要なこと

嘘のように感じることが現実的に起こることがあるのが電話占いです。この方法だけに限らず、すべての占いに合致することがありますので、注意しなければいけません。依存症になる人とそうではない人がいますので、その辺も理解して自分と照らし合わせるようにしましょう。

なぜ依存症になる?

仮に的中してしまうようなことがあれば、依存症になる可能性がぐっと高まります。未来の不安や今の現状に不満を抱いている人が占いを利用することから、それが的中してしまうようなことがあれば、信じてしまうのも無理はありません。

ちょっとしたことを当てることは何も難しいことではないのが占い師です。経験から占いを利用する人がどんな人であるのかを知っています。悩みが恋愛であれば、その種類によって悩んでことは、多くの人に共通していることが多いです。それを言い当てることでそう思わせることが占い師はうまいです。「的中した」と思い込んでしまうのも、依存症の原因です。

何度も利用しようとする人ほどリスクがある

占術を行う先生との相性が大切になるのも占いの特徴であり、一度お世話になったことがある人にもう一度占ってもらおうと考える人が多いです。やはり相性が良い人に占ってほしいと感じるのは当然の感情です。そのような人ほどリスクがあることを知っておきましょう。

要するに信者になっていることで、依存症になることが多いです。「先生の言うことは絶対」と信じていると依存症になってしまいます。たとえ先生が的外れなことを予言しても、そうならない自分が悪いと想像してしまう人もいて、そのようになると危険です。

依存症になることで起きる弊害

依存症になるとどのような問題が起きるのかというと、まずお金が無くなってしまいます。電話占いは決して安い占いではありません。1分に200円以上かかるのが相場になっており、依存してしまえば毎週のように利用してしまい、1回に数時間となることも。そうなると出費が多くなるでしょう。

そうなってしまうと悩みが起きるたびに電話占いを利用してしまい、どんどんお金がなくなってしまいます。まるでギャンブル依存症になるようなことも起きてしまうでしょう。人の意見を素直に聞く姿勢は大切ですが、それにお金が絡んでしまうと問題が起きてしまうのが占いです。

依存症にならないための対処法

ほどほどに信じることが対処法になります。先生の言うことをあくまでもアドバイスとして捉えるような姿勢を持ち続けることが大切です。ただ的中してしまうようなことが多々あると、その姿勢は信者になってしまい、依存症の経過をたどってしまいます。自分の中で「アドバイスのひとつ」であるという姿勢を持ち続けるのはなかなか難しいものです。的中してしまえばなおさらです。

占いの定義で考える依存症予防

占いにもいろんな種類があり、先生によって得意な占術があります。その占術の学問に沿って占いをしていますので、でたらめであることはないはずですが、それを判断するのは素人には難しいです。占いというものはそのようなものであると感覚的に知っておくことがひとつの予防策です。あくまでもアドバイスであることを理解しておきましょう。

依存していると感じたら離れること

依存している状況というのは、気付きにくい人も居ますが、ほとんどの人が理解していることも多いです。占いに関して言えば、悩みが起きたらすぐ先生のことを想像してしまうようなことが起きたときは、依存症になっている可能性が高いです。しかし周囲に信頼できる友達がいない場合、そのような状況に追い込まれてしまうこともあります。だからこそ占いの依存症は対処が難しいです。

明確な克服法はない

対処法として占いはアドバイスであることを自覚して利用することになりますが、仮に依存症になってしまった場合、明確な克服法はありません。非常に難しい問題です。相談できる相手が先生しかいないとなった場合、特に依存症は深刻さを増します。だからこそ占いはアドバイスであり、依存症にならない対策が大切になります。

占いはあなたの背中を押してくれるもの

占いはその通りにすれば必ず未来が良くなるわけではありません。あくまでも良い未来にするためのアドバイスであることを自覚しましょう。その通りになると信じてしまうのは危険です。占術により導き出された結果ではありますが、あくまでもひとつの方法です。もしかしたら他にも方法があるかもしれません。占いは良き未来にするために自分の背中を押してもらえるものです。

正解は占い師にもわからない

本当のことを言えば、占い師にも正解はわかりません。良い方向に導こうとする力はありますが、正解などは誰にもわからないことを前提として占いを利用するようにしましょう。不確かなことに正解を求めようとする行為こそ、依存症になる傾向であると言っても過言ではありません。正解を求めるのではなく、背中を押してもらう方法として占いを利用するのが正しい方法になります。

的中率で判断しない占い方法

占い師のプロフィールで利用した人のレビューは、あくまでもその人の声です。的中されたことを宣伝にするのが占い師であり、絶対にあなたに合っているとは言えない数字です。的中率だけで判断しないようにしましょう。的中率ではなく、相性で利用することが重要です。

楽しまなければ意味がない

依存症になってまで、自分を追い込んでしまえば楽しめなくなります。占いは楽しみながら行う気持ちも大切です。他の道を模索するくらいの意気込みをもって受けるようにしましょう。信じてしまうようなことがあれば、危険な兆候です。依存症の可能性が高まります。

依存症にならないように気を付けることが大切

克服方法が難しいことから、依存症にならないための対策が求められます。決して自分には関係ないなどと決めつけないように、もしかしたら明日は我が身の可能性あることを自覚して、電話占いを利用してください。

復縁の確率を高めるために必要なこと

復縁をするためには、内部の人間ではなく、部外者である第三者、友達に協力してもらうことや、アドバイスを受けることがとても大切なことですね。
なぜなら、自分と相手のことや状況について、第三者の視点から客観的に見てもらうことができるからです。
復縁において、友人や、家族のような身内からの助言や意見だけでは、復活愛を成功させることには不十分であるケースが多いです。
そこで、復縁カウンセラーや復縁のためのパワーストーンや占い師に相談をすることがとても大きな効果をもたらします。
[note]このような、相手との関係を取り戻すことに関してのプロの集団に助言をしてもらうことは、大きな意義があります。プロの集団には、長年多くのケースを見てきて培われた経験に基づくノウハウと、解決策があります。[/note]
相談者からの、多種多様な問題のケースを解決に導いてきたことから、「この場合ではどのように対処をすれば、復活愛が成功する確率が高い」といったノウハウがたくさんあるのです。
相手との復縁には、なにが正解で、なにが間違っているといったことを断定することはできません。
しかし、自分ひとりや復縁に関するノウハウの少ない身内だけで手探りで復縁を求め続けるよりも、その道のプロに頼んだほうが成功する確率はぐっと高くなるでしょう。
復縁したいと思っている相手とのメールや電話のやり取りはどうしましょうか。
学校や職場が一緒だとなかなか携帯の連絡先から消去することはできません。何か連絡をする必要がある場合もあるからです。メールで連絡をするときは別れる前と後では文章をがらりと変えるのがいいでしょう。 これまでは絵文字もデコメもたくさん使用していたけれど、別れた後はシンプルにするのがいいでしょう。本当に復縁したいならここピュアリで相談してみるといいでしょう。
またはすべての文が句点で終わってしまう、まるで業務連絡のためのメールのようなスタイルにしてみましょう。もし相手が復縁をあなたと同じように望んでいれば、淡々としたやり取り で相手が返してくることはないですが、淡々としたやり取りで相手も返してくるようでしたら、それは復縁の可能性が低い ことを示唆しているかもしれません。まずは復縁に向けてのお試し期間を設けてみると成功に近づけるかもしれません。
電話でのやり取りはどうしましょうか。
メールでは淡々とした文章も可能でしたが、電話ではそうはいきません。緊張する可能性はありますが電話をかける前に、何の用件で電話をするのかそれをあらかじめ準備して整理しておくといいかもしれません。
そして用件だけ話したらすぐに電話を切りましょう。
それこそ余計なことを話すと余計に気まずくなり復縁が遠ざかることもあります。