依存してしまわないための利用方法

依存をさけるための利用方法もあります。一番良いのは占いから離れることが良いのですが、個人の生活環境によって相談相手がいない場合など難しいことも多いです。だからこそ依存してしまわない方法を知っておくと良いでしょう。

友人を作る

生活環境を変えるのが一番依存を避けるための方法をして適しています。相談できる人がいれば、占いに頼らなくなる傾向があります。ただしそれができないからこそ、占いに頼っている人も多いですので、なかなか難しい問題です。ただ生活環境を変えることで、人と触れあうことも多くなります。そこで思わぬ出会いも生じるでしょう。

いまの環境からちょっと違う自分を知るために、思い切って見るのも良い方法です。もちろん占いに頼らず、周囲に関心を持ち興味を抱き、それを趣味にするだけでも、まったく自分の生活環境が変わってきます。このような考えを持つと、自然に人と触れ合うことも多くなり、相談できる相手が見つかることもあります。

アドバイスだと割り切る

占いは的中させるものではなく、アドバイスであると割り切るのも依存症にならないひとつの対策です。当たる当たらないだけの視野で見てしまうからこそ、依存症になってしまいます。スピリチュアルな占いもあり、それが的中するようなことがあれば、依存になってしまう確率も高まってしまいます。そうならないためにも、占い師のアドバイスを割り切ることも大切です。

的中しても「たまたまである」といった余裕

余裕がなくなってしまうと、依存症になってしまう傾向があります。占い師の先生もそれなりに修行を積んでいますので、予期アドバイスをしてくれます。的中することもあるでしょう。それを真に受けない余裕こそが、依存症にならない秘訣です。

関連する記事