的中ではなくアドバイスを重視しよう

利用者が占いに依存しないための心構えとして持っておきべきことはいくつかありますが、とても大切なこととして覚えてほしいことがです。占いは的中すれば成功だという考えを捨て去れることで、依存の心配もなくなり、より深く占いを利用するようにできるはずです。

的中ではなくアドバイスを求めるように

占い師は自身の得意な占術によって、利用者の未来を予測したり、また良い方向性に導くように指導しますが、それらの多くがアドバイスになっています。確かに占術でその方向性を示されたことにはなり、スピリチュアルな占いで的中することもあるでしょう。ただその的中を当たり前だと感じないことが大切です。

占い師は生半可な人生経験で商いにするのは難しいと言われています。占術の勉強も大切であり、また備わっている能力も重要になるでしょう。ただアドバイスというのは、その先生の経験によってされます。占術はあくまでもその方向性であり、大切なのはどう良き方向に導いてくれるのかというアドバイスです。それを大切にしてください。

的中と考えるから依存する

占いは的中ありきと考えるからこそ、依存するようになります。占ってもらえば、先生の言っていた通りになったり、的中することもあるでしょう。それを鵜呑みにしないことが重要です。占いは的中を求めるのではなく、アドバイスを重視する姿勢で求めれば、依存というかたちも少なくなります。

とらえかた次第でどうにでもなる

見えない力で当てられたと考えれば依存してしまう割合も高くなるでしょう。逆にひとつのアドバイスとして受け入れることができれば、それだけで依存というよりも占いを利用することに変化するはずです。このような捉え方次第で依存率を少なくすることも可能です。

関連する記事

  ← 前の記事: