困ったときの相談場所として使うこと

ほとんどの人は興味本位で利用することが多いのが占いですが、利用の頻度が多くなればなるほど、的中を求めて利用している人が増えます。それほど人生に悩みを抱えて、誰にも相談できない人が多い証拠になりますが、ここにこそ依存する可能性があります。そのようにならないためにも、占いを相談場所であることを前提として使うことをおすすめします。

相談に対する回答は複数あったほうが良い

答えがないものほど、回答はいくつもあったほうが良いです。いざ選択するとなると、たとえひとつ失敗してもまた違う回答で物事を判断することができるようになります。そのような使い方を占いに求めることをおすすめします。

占いは成果は的中ありきで見てしまうことが多いです。しかし実際、占い師の先生は的中よりもアドバイスをしていることの方が多いことになかなか利用者は気付きません。あくまでも人生が良い方向に向かったのは、利用者自身が導いたという考え方もすることができるでしょう。このような考えをすることができれば、占いばかりに頼ることが少なくなるはずです。

占いの要素を含むメリット

スピリチュアルにしても、占術にしても何らかの根拠によって導き出される答えになりますので、ひとつのアドバイスとして効力を持ちます。そこから良い方向に行くように試してみると良いでしょう。しかしその通りにならなかったとしても、他の手段があることを忘れてはいけません。占いがすべてではない柔軟な考え方をすることをおすすめします。

依存しすぎないようにうまく利用しよう

いくつもの苦境を切り抜ける方法があることを絶対に忘れはいけません。占いもそのひとつです。なんらかの根拠があり、そうアドバイスされたと受け止めるのが、健全な占いの使い方になります。

関連する記事